【応用】仮想通貨取引所のDEXで稼ぐための選び方

これからDEXに触れてみようかなと思う人に向けてDEX毎の比較と特性についてをまとめています。

これから、DEX(分散型取引所)を使用を検討している人に向けてDEXの特徴と違いの解説していきます。

DEXとは

DEXとは

DEX(分散型取引所)とは、ある企業や組織が管理するのではなく、スマートコントラクトで自動で仮想通貨やトークンの交換を可能にする取引所です。取引の仲介をなしにユーザー同士がやり取りを行う仕組みです。

DEXの形式

  • オーダーブック形式
  • 売買注文をオフチェーンで行い、決済のみオンチェーンで行う方式のことです。
  • AMM(自動マーケットメイカー)
  • ユーザーがトークンを流動性プールに預け入れ、そのプールにあるトークンを別のユーザーが引き出す事で、仮想通貨を交換する方法です

DEXでの代表的なものは以下があります。

  • Uniswap
  • ETHチェーンをベースにして開発された取引所
  • 公式サイト:https://uniswap.org/
  • Sushi Swap
  • ETH、Polygon、Arbitrum、Avalancheのチェーンにも対応している取引所
  • 公式サイト:https://uniswap.org/
  • Pancake Swap
  • BNBチェーンをベースにしている取引所
  • 公式サイト:https://pancakeswap.finance/

詳細は、以下は以下にまとめています。

CEX(中央管理取引所)とDEX(分散型取引所)の違い

 CEXDEX
運営母体有り
(企業)
無し
仮想通貨の管理方法運営企業個人
手数料運営企業需給の状況次第
運営方針の決まり方運営企業多数決
利用サポート有り無し
流動性の確保売りと買いのマッチング仮想通貨の提供

メリット

  • 交換所の倒産や取引所自体のハッキングリスクがない
  • メンテナンスで利用できない期間がない
  • 個人と個人で取引ができる
  • ガバナンストークンを獲得できる

しかし、注意として、DEXは日本円では取引ができず、中央管理者がいないため、管理は全て自己管理になります。

DEXの比較

Uniswap

U NISWAP

ETHチェーンをベースにして開発された取引所でAMMモデルである。

U NISWAP2

資金を特定のプールに預けるだけで専用ガバナンストークン「UNI」を報酬として得る事ができます。報酬で得たUNIはBinanceとCoinbaseで購入可能です。

取引所名UNISWAP
トークン名UNI
価格¥1061(2022年11月時点)
時価総額17位
購入できる取引所Binance
Coinbase
UNISWAP公式

購入できる取引所サイト:

BINANCE Binance公式

Sushi Swap 

Sushi
取引所名Sushi Swap
トークン名SUSHI
価格¥246(2022年11月時点)
時価総額135位
購入できる取引所Binance
FTX

Uniswapから派生した分散型取引所(DEX)であり、ETH、Polygon、Arbitrum、Avalancheなどのチェーンにも対応しています。

SushiSwapを使用して報酬を得る方法は以下で可能です。

プール

預け入れをし、流動性を提供することで報酬を得る方法です。

また、取引手数料の0.3%が参加者に配布されます。 (0.25%は流動性提供者に、0.05%はステーキング参加者)

プールを作る際は、当価値となる数量でペアを作って預け入れるが必要です。

イールドファーミング

SushiSWAp

ERC-20のトークンとステーブルコインを預け入れることで報酬を得る方法です。

イールドファーミングでは、最初からペアにする通貨の選択肢が決まっているのでその中から選択します。

非常に高い利回りのものが多いです。

ステーキング(SUSHI BAR)

ステーキング

対象の通貨を保有してネットワークに参加することで報酬を得る方法です。

Sushi BarでSUSHIトークンをロックすると継続的にステーキング報酬を得られます

レンディング(KASHI)

貸し

トークンの貸し出しをすることで金利で報酬を得る方法です。

金利は、需給のバランスで異なります。

特徴

  • スワップが可能
  • 動性を提供することによって報酬を得る事ができる
  • 独自トークンのSUSHIを発行している
  • ステーキングのサービスがある
  • IDOへの参加が可能

また、独自トークンのSUSHIは、BinanceやFTXから確認できます。

SushiSwap公式

購入できるBinanceとFTXの公式サイトも貼ってますので参考に使ってください

toriikizyo

Pancake Swap

Pancake
取引所名Pancake Swap
トークン名CAKE
価格¥679(2022年11月時点)
時価総額67位
購入できる取引所Binance

Pancake Swapは、BSCの中で最も取引量の多いプラットフォームです。

特徴

  • AMMの仕組みが活用されている
  • NFTのマーケットプレイスも備わっている
  • 取引手数料が比較的に安く抑えられる
  • BSC(バイナンススマートチェーン)が使用されている
NFT

Pancake Swapが認めたアーティストのみが出品できるようになっているため、クオリティが高いアイテムが揃っている。

報酬の獲得の仕方

ファーミング

ファーミング

Pancake Swapは、2種類のトークンを当価値になるように預け入れると、「LPトークン」が発行される。

ステーキング

ステキング

LPトークンをステーキングすることで利息としてCAKEを手にいれ、ステーキングをする事で稼ぐことも可能です。

プールには以下の2種類があります。

  • Cakeトークンを預け入れて、BNBチェーンを基盤にした他のトークンを獲得できるもの
  • Cakeトークンを預け入れて、同じくCAKEトークンを得るもの(Stake CAKE)

Stake CAKEには、フレキシブルステーキング(いつでも引き出し可)ロックステーキング(一定期間引き出し困難)があります。

PancakeSwapは他の取引所と比較しても取引手数料が安く、NFTのマーケットプレイスがあるのが他のDEXと違います。

PancakeSwap公式

購入できる取引所

BINANCE Binance公式
まとめ

今回は、これから仮想通貨取引所のDEXを利用し、稼ぐための取引所の比較をまとめています。

DEX内でも取引所で特徴が異なるので、自分の稼ぎたい方法で稼げるので選択していきましょう。

仮想通貨取引所ランキング

記事一覧