Pancake Swapの実装機能の使い方を解説

今回は、Pancake Swapの使い方と機能の詳細についてまとめています。 これから、DEXを利用して稼いでいこうと考えている人にとっては一番利用しやすいプラットフォームになっています。

Pancake Swapとは

Pancake Swapとは、DEXの取引所の一つです。

特徴としては、以下があります。

  • 高利回り
  • 複利運用可能
  • ガス代が安い
  • 本人認証不要

Pancake Swapは、CEXの取引所と比較して、高利回りで利益を狙うことができ、獲得したCAKE(独自トークン)は、複利運用もできます。

また、他のDEXと比較しても取引時に発生するガス代が安いです。

ウォレットを接続するだけで始めることができるので、本人認証が不要で使えます。

Pancake Swap公式

準備物

Pancake Swapを始めるためには以下の2つが必要です。

  • ウォレット
  • 仮想通貨を保管
  • BNB
  • ガス代として利用する

ウォレットは、Pancake Swapを接続するために必要で、今回はPancake Swapを使用します。

また、取引を行うときはBNBがガス代として必要なため、準備が必要です。

Category – Gyousyamei

Bybit口座開設方法

Bybit公式

メタマスクの接続方法

Pancake swapは、メタマスクへの接続することで利用可能です。

まずは、ConectWalletを選択し、そこからメタマスクを選択します。

Pancake Swap機能

今回は、Pancake Swap内に実装機能の使い方についてまとめています。

PancakeSwapの特徴的な機能としては以下の3つがあります。

  • トレード
  • Earn
  • その他のコンテンツ

それぞれの使い方と機能をまとめているので見ていきましょう。

トレード

トレードを通して他の仮想通貨への交換や流動性の提供が可能です。

トレードのサービスは以下があります。

  • スワップ
  • 仮想通貨の交換
  • リミット
  • 価格指定での仮想通貨の交換
  • 流動性
  • 仮想通貨の流動性の提供
  • バーベチュアル
  • 先物取引
  • ブリッジ
  • チェーンの異なる仮想通貨の交換

それぞれについてまとめています。

スワップ

スワップとは、仮想通貨同士を交換できます。

左画面は、交換したいペアの通貨のチャートを見ることが可能です。

まずは、保有している仮想通貨を選択し、その後に交換したい仮想通貨を選択をすることが可能です。

次に、交換したい数量を入力します。

PancakeSwapの取り扱いしている通貨には未上場の通貨が多数あるのでこれから値上がりをする通貨が含まれているかもしれません。

スワップをする数量を確認後、間違いがなければスワップの確定作業を行います。

確認後に問題なければメタマスクでのガス代を確認し作業までできると完了です。

リミット

リミットとは、指値注文で仮想通貨の交換します。

指値注文とは、希望の価格での売りと買いのことになります。

保有している通貨と交換したい通貨を選択し、希望の価格を入力することで右のオープンオーダーで注文が入ります。

価格が希望価格に到達したら、注文が確定します。

流動性

流動性の追加は、異なる2つのトークンでペアを組むことで流動性の提供をします。

流動性の提供をすることで、LPトークンを得ることが可能です。

LPトークンは、流動性を提供したい仮想通貨を1:1の比率で供給することで獲得することが可能です。

この時、LP年率は預ける通貨で異なるので確認が必要になります。

ブリッジ

ブリッジとは、異なるチェーン同士を繋ぎ交換を可能にするシステムです。

例えば、上記のようにETH上のUSDTとBNB上のUSDTの異なるチェーン上を交換することができます。

現在、ブリッジ可能で対応しているチェーンとしては以下があります。

  • Binance Smart Chain
  • Ethereum chain
  • Avalanche
  • Matic

さまざまな種類のチェーン上の仮想通貨を交換することが可能で現状交換できる仮想通貨はETH・USDT・USDC・STG・BUSDです。

バーベチュアル

有効期限のない先物取引です。

先物取引とは、現時点で売買の価格や数量だけを約束しており、期日がきたら、実際に売買が実行される取引方法になります。

取引の方法としても、指値・成行・ストップリミットがあります。

接続できるウォレットには、Metamaskを始め、Brave・Trust Wallet・CoinbaseWalletなどが可能です。

取引時には、エントリー価格・売却価格・数量を入力することが可能で、ロング取引とショート取引にも対応しており、レバレッジは最大200倍までかけることができます。

Earn

ファーミング

LPトークンをステーキングすることでCAKEを獲得することができます。

LPトークンを2種類の通貨を1:1の割合でプールに預けることで預かり証として獲得でき、それをステーキングすることでCAKEを得ることができる仕組みです。

では、ファーミングするまでの手順を以下にまとめているので見ていきましょう。

左上からファームを選択し、仮想通貨を預けたときの年利を確認後に流動性の提供を行う仮想通貨のペアを選択します。

年利は、変動があるため注意が必要です。

選択したトークンを1:1の比率で流動性の提供を追加することでLPトークンを報酬として獲得することができます。

獲得したLPトークンをステーキングすることでCAKEを獲得することが可能です。

ステーキングの利益で出たCAKEはいつでも、獲得することができ、途中で追加したい場合も+ボタンより追加することもできます。

プール

プールは、CAKEをステーキングすることで報酬を得ることが可能です。

CAKEをステーキングすることで得たCAKEをさらに、ステーキングすることで複利で利益を狙うこともできます。

まずは、CAKEをステーキングすることで獲得したいトークンを選んでください。

プールのボタンをクリックすると、メタマスクでCAKEへのアクセス権限が必要です。

また、CAKEをプールする場合は、タイプを選ぶことができます。

  • ステーキング種類
  • ロックステーキング
  • 期間内ロックされる
  • フレキシブルステーキング
  • 好きなタイミングで解除ができる

利回りは、ロックステーキングを使用したほうが高いです。

ロックステーキングでは、プールするCAKEの量とロックする期間を入力します。

このときで、ロックする期間によって、年利の利回りが、1週は年率3.89%で52週は59.01%と約15倍異なります。

ロック期間は延長することも可能で途中でのCAKE追加も可能です。

フレキシブルステーキングは、ロックはしてないため好きなタイミングでステーキングを解除することができるのが特徴になります。

好きなタイミングで取引を行いたい人はフレキシブルが向いているかもしれません。

その他のコンテンツ

トレード試合

トレードの大会は、チームで取引量の高さを競います。

大会では賞金総額$120.000であり、チームの成績がいいほど、獲得できる賞金は多くなります。

プレデクション

CAKEの価格が5分後に高いか安いかを当てるゲームです。

少額から遊ぶことができ、当てることができればその時の投資額から払戻額の倍率が報酬として入ります。

報酬の倍率はゲーム毎でことなりますが、獲得したCAKEは即日手に入れることができます。

宝くじ

宝くじは1枚$5で購入することができ、当選した番号の数によって報酬を貰うことができるゲームになってます。

ポタリー

ボタリーは、CAKEをステーキングすることで宝くじ券を購入し、10週間の年利と賞金総額を獲得するチャンスがあります。

入金額が多いほど獲得するCAKEも多くなり当選確率が高くなります。

NFT

Pancake SwapのNFTマーケットプレイスです。

  • コレクション
  • NFTシリーズやブランド名が閲覧できる
  • アクティビティ
  • 成立した売買が、「リアルタイム」で見れます。

NFTはBSC上の取引がされており、Pancake Swapのキャラクターも大変人気で多くの取引がされています。

まとめ

まとめ

今回は、Pancake Swapの使い方とコンテンツについて紹介しています。

DEXとしての機能だけでなく、ゲーム性のあるイベントや大会もあるのでCAKEトークンをさまざまな方法で利用することができます。

CAKEトークンをステーキングしたもので出た利益からNFTの購入やさらにゲームでさらに遊びながら増やすことができる可能性を秘めています。

まだ、Pancake Swap始めていない方はこちらで、始め方をまとめているので是非参考にしてください。

仮想通貨取引所ランキング

記事一覧